in english in japanese »  Course » Approach » Research » Publications
 
Research
Research
Contents
Contact
N10W5 Sapporo
060-0810 JAPAN
Division of Environmental Science Development
Graduate School of Environmental Science
Hokkaido University

::Contact Us::
Visitors
Today
Yesterday
Total
From 2010/12/20
Sapporo
院生・研究生・研究員が関係するもののみ表示:213件の文献が登録されています.
駒沢晧 (2014): 東南極・宗谷海岸の空中写真アーカイブデータ発掘とステレオペア画像を用いた氷床表面標高変化の検出 , , . (修論)
劉泱 (2014): Current status of tourism and a proposal for sustainable tourism development in the Lenin Peak area, southern Kyrgyzstan (キルギス南部,レーニン・ピーク地域における観光の現状と持続的な観光開発のための提言) , , . (修論)
大畑 有 (2014): Lake ice formation process at Lake Abashiri, Hokkaido, Japan -The lake ice structure and thickness evolution- (網走湖における湖氷形成過程ー湖氷構造と氷厚推移ー) , , . (修論)
宋 鳳 (2014): Characteristics of summer grazing in the Alai Valley, southern Kyrgyzstan (キルギス南部,アライ谷におけるヒツジ・ヤギの夏の放牧) , , . (修論)
澤柿教伸・駒沢晧・三浦英樹 (2014): 南極・昭和基地周辺の 空中写真アーカイブデータ発掘とステレオペア画 像を用いた氷床表面標高変化の検出 日本地理学会発表要旨集, 85, . (学会発表)
澤柿教伸, 山口悟, 阿部洋祐 (2014): 氷河の形状復元と流動モデルの融合による平衡線高度決定モデルの構築 雪氷, 76,1, 19-32. (論文)
澤柿教伸, 山口悟, 阿部洋祐 (2014): 平衡線決定モデルを用いた後期更新世日高山脈の氷河の平衡線高度の再現 雪氷, 76, 1, 33-44. (論文)
夏目奏・澤柿教伸・白岩孝行 (2014): 土地利用・土地被覆の違いが河川水質成分および沿岸の磯焼けに与える影響評価 経済學論叢, 65(3), 347-369. (論文)
倉野 健人 (2013): 網走川流域ガバナンス , , . (修論)
惠藤 嵩久 (2013): 大雪山国立公園のヒグマ生息地における管理方針策定に向けた提言 , , . (修論)
夏目 奏 (2013): 土地被覆・土地利用の違いが河川水質成分および沿岸の磯焼けに与える影響評価〜道南 上ノ国町を例に〜 , , . (修論)
平山 健太郎 (2013): 日本の登山道の持続的な維持管理に関する研究 ー大雪山国立公園の登山道協働型維持管理体制をもとにー , , . (修論)
藤島洸 (2013): 流域の土地利用が河川水溶存成分に与える影響評価:網走川の事例 , , . (修論)
Sawagaki, T. and Komazawa, K. (2013): Preliminary results of the detection of the marginal fluctuation of the Antarctic ice sheet by multi- temporal stereo images in the vicinity of the Syowa Station. The 4th Symposium on Polar Science – NIPR, Tokyo., , . (学会発表)
駒澤皓,澤柿教伸 (2013): 多時期ステレオペア画像を用いた南極昭和基地近傍の氷床縁変動の検出 雪氷研究大会2013・北見, , . (学会発表)
倉野健・藤島洸・白岩孝行 (2013): 網走川流域ガバナンス 日本地理学会発表要旨集, 83, 125. (学会発表)
Liu, J. and Watanabe, T. (2013): Assessment of the current grazing intensity and slope status of pastures in the Alai Valley, Kyrgyzstan. Geographical Studies, 88 (2), 70-79. (論文)
Arase, T., Liu, J. and Watanabe, T. (2013): Degeneration of alpine steppe vegetation around Sary-Tash Village, Kyrgyz Republic. Geographical Studies, 88 (2), 60-69. (論文)
小林勇介,平川一臣,小松哲也,小畑貴博,渡辺悌二 (2013): 北海道における登山道侵食のパターン―12の山での「登山道侵食」地形学図の作成でわかったこと― , , . (学会発表)
Kobayashi, Y., Hirakawa, K., Komatsu, T., Obata, T., Watanabe ,T (2013): Understanding the pattern of mountain trail erosion, based on the construction of geomorphological maps in 12 mountains of Hokkaido. , , . (学会発表)
Kobayashi, Y. (2013): Understanding the geomorphological feature of moountain trail erosion, based on the construction of geomorphological maps in 12 moountains of Hokkaido, Japan. , , . (学会発表)
Kobayashi, Y. (2013): Spatial distribution of mountain trail erosion in 29 moountains of Hokkaido, Japan. , , . (学会発表)
酒井 貴悠 (2012): Distribution, Morphology and Internal Structure of Pingos in Mongolia (モンゴルにおけるピンゴの分布、形態と内部構造) , , . (修論)
阿部 洋祐 (2012): 地形学的解釈と氷河流動モデルの融合による氷河復元手法の検討 , , . (修論)
Parveen Kumar Chhetri (2012): Treeline ecotone dynamics of Abies spectabilis in the Barun vally, eastern Nepal Himalaya (ネパール・ヒマラヤ東部,バルン谷における高木限界付近の 移行帯のダイナミクス) , , . (修論)
小林 勇介 (2012): 北海道の主要山岳 48 山における登山道侵食の分布と形態ー登山道侵食に関する台帳と地形学図の作成ー , , . (修論)
William Jefferson (2012): ニセコにおけるスキーリゾートの発展と山岳環境改変の関係 , , . (修論)
先本 直生 (2012): 戸蔦別川上流域の河川砂防の進展に伴う河床変動 , , . (修論)
澤柿教伸, 松岡直子, 岩崎正吾, 平川一臣 (2012): 日高山脈北部七ッ沼カールの融氷河流堆積物と恵庭a火山灰 地学雑誌, 121(2), 252-268. (論文)
阿部洋祐, 澤柿教伸, 山口悟 (2012): 地形学的解釈と氷河流動モデルの融合による氷河復元手法の検討 日本地理学会春季学術大会, , . (学会発表)
Mizuki, C. and Hirakawa, K. (2012): Site-specific behavior of 2011 Tohoku Earthquake Tsunami influenced by artificial changes of coastal environments Journal of Disaster Research, Vol. 7, Special Issue, 485-490. (論文)
Mizuki, C. (2012): Flood risk communication from the viewpoint of disaster prevention awareness in an urban area of Tokyo, Kita-Ward Journal of Disaster Research, Vol. 7 No. 5, 595-603. (論文)
Liu Jie (2012): Assessing vegetation cover changes induced by livestock grazing in the Alai valley, the Kyrgyz Republic in and after the Soviet time (キルギス共和国,アライ谷におけるソビエト時代とその後の家畜放牧による植被変化の評価) , , . (修論)
Jie Liu, Teiji Watanabe, Shigeru Shirasaka and Ikuko Miyahara (2012): Assessing vegetation cover changes induced by livestock grazing in the Alai Valley, the Kyrgyz Republic in and after the Soviet time International Symposium on ‘Changing Mountain Environments in Asia’, , . (学会発表)
Feng Song, Teiji Watanabe and Shigeru Shirasaka (2012): Changing transhumance in Sary Tash, southern Kyrgyzstan International Symposium on ‘Changing Mountain Environments in Asia’, , . ()
Chiharu Mizuki (2012): A synthetic study of the tsunami disaster danger along the Pacific coast of Hokkaido, with reference to the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami , , . (D論)
Motilal GHIMIRE (2011): Geomorphological studies on the first-order basins in the Siwalik Hills, Nepal , , . (D論)
Lamsal, D., Sawagaki, T. and Watanabe, T. (2011): Digital terrain modelling using Corona and ALOS PRISM data to investigate the distal part of Imja Glacier, Khumbu Himal, Nepal Journal of Mountain Science, 8,3, 390-402. (論文)
渡辺悌二・レンバイアテライテ ガウナビナカ・平川一臣・澤柿教伸・水嶋一雄・落合康浩・岩田修二・泉山茂之 (2011): キルギス・パミールにおける最近の土地利用変化と自然資源利用変化 日本地球惑星連合2011大会, , . (学会発表)
澤柿教伸・渡邉悌二・Lamsal Damodar・Alton Byers (2011): ネパールヒマラヤ東部・ホンクー谷における氷河湖決壊の可能性 日本地球惑星連合2011大会, , . (学会発表)
澤柿教伸・松岡直子・平川一臣 (2011): 日高山脈のポロシリ亜氷期とトッタベツ亜氷期の認定に関する新知見 雪氷学会北海道支部研究発表会, , . (学会発表)
小松哲也・渡邉悌二・平川一臣・澤柿教伸・岩田修二・水島一雄・落合康浩 (2011): タジク・パミールのエコツーリズムマップの作成 日本地理学会発表要旨集, 79, 268. (学会発表)
澤柿教伸・平川一臣・岩崎正吾・松岡直子 (2011): 日高山脈における最終氷期の氷河変動−ポロシリ亜氷期とトッタベツ亜氷期の認定に関する新知見− 日本地理学会発表要旨集, 79, 213. (学会発表)
阿部洋祐・山口悟・澤柿教伸 (2011): 氷期の日本の氷河への氷河流動モデルの応用−平衡線高度 日本地理学会発表要旨集, 79, 191. (学会発表)
水木千春・平川一臣・渡邉悌二 (2011): 北海道日高・十勝沿岸域における東日本大震災発生時の住民の避難行動 日本地球惑星科学連合2011年大会緊急セッション「2011年東北地方太平洋沖地震」, , . (学会発表)
水木千春・平川一臣・渡邉悌二 (2011): 北海道日高・十勝地方太平洋沿岸域における東日本大震災発生時の住民の避難行動に関する研究 2011年度北海道地理学会春季学術大会, , . (学会発表)
William Jefferson (2011): ニセコの発展サイクル 2011年度北海道地理学会春季学術大会, , . (学会発表)
澤柿教伸, Lamsal, D. (2011): デジタル三次元空間における実体視地形解析へのステレオスコピック技術の応用 地理学論集, 86, 1-10. (論文)
水木千春,平川一臣 (2011): 北海道日高・十勝・根釧地域における津波避難標識に関する台帳 -津波危険度および土地条件から見た問題点- 地理学論集, No. 86, 86-96. (論文)
水木千春,平川一臣 (2011): 3.11東日本大震災発生時における北海道日高・十勝 地理学論集, No.86, 97-107. (論文)
前田 剛宏 (2010): 不連続永久凍土域,大雪山山頂部における微気象環境 , , . (修論)
Lebaiatelaite Gaunavinaka (2010): Regional differences by an analysis of main land use/land cover and bioregional conditions in the Kyrgyz part of the Pamir-Alai Transboundary Conservation Area (PATCA) , , . (修論)
阿部洋祐,片岡香子,青木賢人 (2010): 南アルプス三峰岳における最終氷期以降の氷河・周氷河地形発達史と岩石氷河形成過程 日本地球惑星科学連合2010年大会, , . (学会発表)
小松 哲也 (Tetsuya Komatsu) (2010): Late Quaternary lake-glacier interaction in the Karakul closed-basin, eastern Pamir (パミール高原東部,カラクル流域における第四紀後期の湖水位・氷河変動とその関係) , , . (D論)
松本 穂高 (Hotaka Matsumoto) (2010): Solifluction processes controlled by formation and melting of ground ice (地中氷の形成と融解に伴うソリフラクションプロセス) , , . (D論)
小林勇介 (2010): 京都西南部における竹林の分布変化について , , . (学会発表)
小林勇介 (2010): 登山道荒廃に関する研究−北海道百名山を事例に , , . (学会発表)
Komatsu, T., Watanabe, T. and Hirakawa, K. (2010): A framework for Late Quaternary lake-level fluctuations in Lake Karakul, eastern Pamir, focusing on lake-glacier landform interaction Geomorophology, 119, 198-211. (論文)
澤柿教伸・松岡直子・岩崎正吾・平川一臣 (2010): 日高山脈トッタベツ谷における融氷河成堆積物の堆積学的検討 地理学論集, 85, 3-15. (論文)
長谷川航・澤柿教伸 (2010): 北海道南西部の洞窟「北海洞」における洞窟学的研究 2010年質量分析学会同位体比部会, , . (学会発表)
Lamsal, D. Watanabe, T.and Sawagaki, T. (2010): Analysis of topographic changes of the debris-covered Imja Glacier, Khumbu Himal, Nepal, using Corona, air photographs and ALOS PRISM International Symposium on Snow, Ice and Humanity in a Changing Climate. International Glaciological Society, Sapporo, , . (学会発表)
澤柿 教伸, 渡邉悌二, Damodar Lamsal, Alton Byer (2010): ネパールヒマラ ヤ,ヒンクー・ホングー谷における氷河湖決壊の可能性 日本地理学会発表要旨, 77, 130. (学会発表)
水木千春 (2010): 都市地域における洪水のための取り組みの活用状況 -東京都北区を事例として- 日本地理学会春季学術大会発表要旨集, 77, 111. (学会発表)
(2010): 登山道荒廃に関する研究―北海道百名山を事例に― 東北地理学会・北海道地理学会秋季学術大会, , . (学会発表)
Komatsu, T. (2009): Field photographs of geomorphic features in the Lake Karakul region Geographical Studies, 84, 44-50. (論文)
長谷川 航 (2009): 北海道南西部の洞窟「北海洞」における洞窟学的研究 , , . (修論)
阪口 絵理奈 (2009): アラスカ内陸部における森林火災と樹種構成との関係 , , . (修論)
浮穴 愛 (2009): 十勝平野・長流枝内丘陵に分布する前期〜中期更新世テフラ 日本地球惑星科学連合2009年大会, , . (学会発表)
前田剛宏,新井秀典,岩花剛,石川守 (2009): 北海道大雪山永久凍土帯における時空間熱分布の評価 雪氷研究大会2009, , . (学会発表)
水木 千春 (2009): 都市地域における洪水のための取り組みに関する評価:東京都北区を事例として 平成21年度 北海道地理学会春季大会, , . (学会発表)
Mizuki, C. (2009): Evaluation to the measures for floods risk in urban area: A Case study of Kita-Ward, Tokyo. IDRC Chengdu 2009, International Disaster and Risk Conference, 13-15July 2009, Chengdu China, Abstracts, pp.75., , . (学会発表)
Motilal Ghimire (2009): Analysis of multivariate characteristics of morphology of the first order basins and their geomorphic relation: A case example of the Siwaliks in the farwest Nepal 12th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium held in Seoul on Nov 20-21, 2009., , . (学会発表)
Junko Mori (森 淳子) (2009): Periglacial Geomorphological Study in the Antarctic Peninsula Region −Recognition of Antarctic Peninsula Type Periglacial Environment and its Characteristic Solifluction− (南極半島地域における周氷河地形学的研究−南極半島型周氷河環境の認定とソリフラクション−) , , . (D論)
Watanabe T., Mizushima, K., Ochiai, Y., Iwata, S., Izumiyama, S., Gaunavinaka, L., Hirakawa, K., Sawagaki, T. (2009): Addressing poverty mitigation and food security in the southern Kyrgyz by ecotourism and sustainable development International Conference on Food Security in Mountain Countries, , . (学会発表)
中村有吾・丸茂美佳・平川一臣・澤柿教伸 (2008): 北海道東部,知床半島の完新世テフラ層序 第四紀研究, 47-1, 39-48. (論文)
浮穴 愛 (2008): 十勝平野・長流枝内丘陵に分布する前期更新世テフラ:岩石学的特徴とそれにもとづく火山活動史 , , . (修論)
氷見山清子 (2008): 2万5千分1地形図を用いた新潟県長岡市山古志地区の土地利用変化の解析とその要因 , , . (修論)
氷見山清子 (2008): 長岡市山古志地区の震災と土地利用変化の関係 日本地理学会発表要旨集, 73, 62. (学会発表)
小松哲也・渡辺悌二・岩田修二 (2008): パミール東部(タジキスタン共和国),カラクル湖北岸の地形発達と湖面変化 日本地理学会発表要旨集, 73, 229. (学会発表)
渡辺悌二・平川一臣・澤柿教伸・小松哲也・岩田修二 (2008): 中央アジア,タジク・パミールおよびパミール・アライ山脈におけるジオツーリズム開発 日本地理学会発表要旨集, 73, 228. (学会発表)
Ghimire Motilal (2008): Land use and land cover cahnge in the Nepal Siwaliks. Hokkaido University Sustainability Weeks -G8 Summit Round, Strategy for Sustainable World. Symposium:Drastic Change in the Earth System during Global Warming., , . (学会発表)
Damodar Lamsal(ラムサール,ダモダール (2008): A Study of Topographical Changes of the Imja Glacier Lake,Khumbu Himal, Nepal: Prospects for a GLOF Occurrence (ネパール,クンブ・ヒマール,イムジャ氷河湖の地形変化に関する研究:GLOF(氷河湖決壊洪水)発生の可能性) , , . (修論)
水木 千春 (2008): 東京都北区における水害のための取り組みに関する一考察.平成20年度 北海道地理学会春季大会 , , . (学会発表)
浮穴 愛 (2008): 十勝平野・長流枝内丘陵に分布する前期更新世テフラ:岩石学的特徴とそれにもとづく火山活動史. 北海道地理学会 2008年度春季大会, , . (学会発表)
Ukiana Megumu (2008): Volcanic Activities and Petrological Properties of Early Pleistocene Tephras. 11th HU-SNU Jouint Symposium, , . (学会発表)
Mizuki, C. (2008): A study of measures to enhance people's awareness to flood disaster prevention: A Case study of Kita-ku, Tokyo. 11th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium, , . (学会発表)
小松哲也 (2008): パミール東部,カラクル湖周辺の湖岸段丘と氷河地形 平成20年度 北海道地理学会春季学術大会, , . (学会発表)
Komatsu, T. (2008): Middle-Late Pleistocene palaeolake highstands in the high Pamir 11th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium, , . (11th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium)
Motilal Ghimire, Mahesh Pathak, Binod Bhatta, Rabin Bogati (2008): Situation and Trend Analysis of Churia Area Using Geographic Information and Remote Sensing" A report prepared for Churia Area Programme Strategy Ministry of Forest and Soil Conservation, CARE-Nepal, IUCN-Nepal, WWF-Nepal, , 77. (報告書)
Lamsal, D. (2008): A Study of Topographical Changes of the Imja Glacier Lake, Khumbu Himal, Nepal: Prospects for GLOF Occurrence 11th Hokkaido University-Seoul National University Joint Symposium , , . (学会発表)
長谷川航 (2008): 北海道南西部,北海洞における翼手類の冬眠 日本洞窟学会, 34回大会, . (学会発表)
Devkota Sabina(デブコタ サビナ) (2007): Land-use/cover Patterns and Their Changes in the Terai and Hills of Nepal (ネパール,タライ平原および中間山地における土地利用・被覆とその変化) , , . (修論)
杉山 悠然 (2007): 安達太良連峰鉄山における植生回復過程で生じたしっぽ状植生(Tail-Shaped Vegetation Patches occurring in the vegetation recovery process in Mt. Tetsuzan, Adatara Range, Fukushima, Japan) , , . (修論)
Yi-Liang KUO(郭 怡良) (2007): Wintering Habitats of Red-crowned Cranes Grus Japonensis in Hokkaido, Japan: With Respect to Potential Dispersion Destinations for Solving Over-Concentration(北海道に生息する丹頂鶴の越冬環境: 過密解消のための越冬地分散化の提言) , , . (修論)
長谷川 航(北海道大・環境科学院・院)・香本 佳彦(北海道大学・理学部・学生)・澤柿 教伸(北海道大・環境科 学院) (2007): 北海道南西部北斗市における新洞窟(北海洞)の発見 平成19年度 北海道地理学会春季学術大会, , . (学会発表)
小畑貴博 (2007): 花粉分析法を用いた北海道北部松山湿原における古植生復原 平成19年度 北海道地理学会春季学術大会, , . (学会発表)
小松哲也・渡辺悌二・平川一臣 (2007): パミール高原(タジキスタン共和国)の氷河地形,湖岸段丘. 日本地理学会2007年度春季学術大会, , . (学会発表)
杉山悠然 (2007): 安達太良連邦鉄山における植生回復で生じたしっぽ状植生. 日本地理学会2007年度春季学術大会,, , . (学会発表)
Fukui, K., Fujii, Y., Ageta, Y. and Asahi, K. (2007): Changes in the lower limit of mountain permafrost between 1973 and 2004 in the Khumbu Himal, the Nepal Himalayas. Global and Planetary Change, 55, 251-256. (論文)
Asahi, K. (2007): Reconstrction of past glacial equilibrium-line altitudes during the LGM in eastern Nepal Himalayas and their implications for monsoon climate. International conference on "Asian monsoon variability during the past global changes", Nainital, Uttarkand, India, 11 Sep. 2007. , , Extended Abstracts, pp.40-42. (学会発表)

 

Copyright © 2010-2017 Graduate School of Environmental Science,Hokkaido University All Rights Reserved.